2017年05月27日

ドコモ シンプルプランに変更する




(いろいろな要因を無視すれば)


格安スマホより安い? ドコモ 月980円「シンプルプラン」の威力:週刊モバイル通信 石野純也
http://japanese.engadget.com/2017/05/07/980/

現在の料金


基本料 1,700円
パケット定額料 500円
SPモード 300円
補償 500円
月サポ -1,755円
ユニバース 2円
eビリング -20円
割賦払 2,179円
消費税 238円

合計 3,644円
月平均の通信量は0.5GB未満、電話時間は不明

適用開始日の選択


シンプルプランへ変更の手続きを進めていくと
「本日(申込完了後)から適用する」と「来月から適用する」があるが
●基本プラン間の変更で、「シンプルプラン」を含むプラン変更の場合、基本使用料は同月内に最も高いプランの料金が適用され、併せて「シンプルプラン」で契約中に発生した通話料が課金されます。
という要するに変更前の基本料+シンプルプランの従量通話料で計算される神仕様なので
「本日から適用する」メリットは何一つない。
「えらべてうれしい、ドコモの料金」、情弱用に選択肢を設けるのはやめろ。

料金変更額


20170527.jpg
単純計算月778円安くなって2,866円。
割賦と月サポと補償を計算から外すと月1,902円。
端末を下取りで買い替えていれば確かに格安スマホより安くなることはあるかもしれない。

雑感


もともとシェアパックを使っていないユーザーは変更できないシンプルプラン。
他社ユーザーを家族単位で茸に縛り付けるためのプランだから仕方ない。
25歳以下はU25応援割でボーナス1GB付くので通信量が月1GB未満なら
家族でシェアパックに入って、家族は使えるデータ量が増える、
自分は月額料金が減るWin-Winの関係になっておくのが吉。その後26歳超えてもとぼけておけ。

4年前は割賦込で月6,400円払っていたことを思うと随分安くなった。ありがとう総務省。
posted by 管理人 at 12:17 | 他感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする